製薬会社の40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の転職TOP >> 採用先別の40代薬剤師求人 >> 製薬会社の40代薬剤師向け求人

製薬会社の40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の中で製薬会社への転職を希望する人も少なからず見られます。製薬会社の中でも大企業であれば、収入など安定しているので長く仕事を続けられる可能性が高いです。また大企業の多い製薬会社の場合、福利厚生もしっかりしているところが多いです。40代薬剤師の中には結婚して子供がいるケースも多いでしょう。産休・育休がしっかりしているところも多いですし、時短勤務を認めている企業も見受けられます。子供を育てながら、無理のないペースでキャリアを継続できます。40代になると親が高齢で介護をしなければならないケースも出てくるでしょう。製薬会社の中には、介護休暇を認めているところもみられます。40代になるといろいろと問題に直面することも多いでしょうが、製薬会社のサポートがあれば、離職の心配もないでしょう。

製薬会社に転職する場合、業務内容を確認することです。製薬会社の募集といっても、仕事内容はいくつかあります。まずよく言われるのはMRの仕事です。日本語で医療情報担当者といい、医者や薬剤師に対して自社の医薬品に関する情報を提供する仕事です。また現場からクレーム・問い合わせの上がってくることがあるので、会社にフィードバックする仕事もあります。新薬が出た場合には、その情報を提供し売り込みますので製薬会社の営業職と呼ばれることも多いです。

そのほかには研究職もあります。製薬会社では売り上げを伸ばすために、新薬の開発も手掛けています。創薬研究やデータ収集、技術研究などを行います。研究職は薬剤師であれば、だれでもなれるわけではないです。製薬会社の研究職スタッフを見てみると、その大半は修士課程以上を修了していますので学歴も重視される世界と思ったほうがいいです。研究職が作った新薬に関する臨床試験を統括する開発職で活躍している薬剤師もみられます。新薬の有効性や治験のデータの分析、新薬の承認申請手続きを担当します。

学術職の求人を出している製薬会社もみられます。学術職は、医薬品情報の収集や管理を担当する職種です。そして関係者に情報提供や必要なアドバイスを行います。医薬品は日々新しい種類・技術が出てきますので、いち早く情報を押さえることは重要です。医薬人情報の中には外国語の文献も多数あります。このような資料も取り扱っていかないといけないので、薬学に関する専門知識のほかにも語学力が求められるので注意しましょう。特に英語の読解力を持っていると、その技術をいかんなく駆使できるはずです。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.