病院・診療所の40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の転職TOP >> 採用先別の40代薬剤師求人 >> 病院・診療所の40代薬剤師向け求人

病院・診療所の40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の希望の職場を聞いてみると、意外に人気のあるのが病院です。なぜ病院への転職を希望するのか、それはキャリアアップ・スキルアップにつながるからです。今まで調剤薬局やドラッグストアで仕事をしていると、病院の業務は新鮮に感じられるようです。薬剤師としての視野を広げられるとして、病院への転職を希望するわけです。

例えば専門性を高められる魅力があります。調剤薬局やドラッグストアの場合、内服薬の処方が中心となります。しかし病院勤務をすれば、普段処方箋に書かれない薬剤を取り扱うチャンスがあります。例えば抗がん剤や注射液などを取り扱えるので、今までにない知識やスキルを身に着けられます。そのほかには臨床経験が積めるのも、病院薬剤師の魅力です。特定の患者を担当し、投薬をして様子を見る経験は調剤薬局やドラッグストア勤務ではなかなかできないことです。40代薬剤師でキャリアに厚みを持たせたいと思っているのであれば、この臨床経験の有無は大きいです。

チーム医療のスタッフの一人として仕事ができるのも、病院薬剤師ならではです。調剤薬局やドラッグストアの場合、ほかにも同僚の薬剤師がいるかもしれません。しかしそれぞれが自分の持ち場の仕事を行う傾向があって、チームとして協力して作業する機会は少ないでしょう。しかし病院薬剤師になれば、医者や看護師などほかの医療スタッフと協力することも多いです。カンファレンスなどにも参加して、チームの一員として患者を救う経験ができるのは大きいです。

このように病院薬剤師は、さらなるステップアップをしたい40代薬剤師にとっては魅力的な職種です。しかし調剤薬局やドラッグストアと比較すると、求人件数は少ないです。これは病院の風土も大きく関係しています。病院では「新卒文化」が強く残っているといわれています。つまり薬剤師などの医療スタッフは新卒から採用するもの、40代薬剤師のような中途採用をなかなか行わない文化があります。特に国公立病院はほとんどが新卒採用といわれていますし、中途採用があっても大学卒業生で占められることが多いです。もし40代薬剤師が転職するのであれば、民間病院をターゲットにしましょう。

民間病院であれば、中途採用の可能性があります。しかしこの場合でも欠員を補充するための案件が多いです。不定期で出てきますので、どうしても病院薬剤師の仕事を希望するのであれば、こまめに求人サイトをチェックするといいでしょう。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.