ドラッグストアの40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の転職TOP >> 採用先別の40代薬剤師求人 >> ドラッグストアの40代薬剤師向け求人

ドラッグストアの40代薬剤師向け求人

通常40代になると年齢がネックになって、なかなか転職先が見つからなくなりがちです。しかし薬剤師の場合、日本全国的に慢性的な人材難の状況にあえいでいます。このため、40代の薬剤師でも転職するチャンスは十分あります。ドラッグストアの求人を見ても、40代の薬剤師を募集している案件は多いです。中には未経験者でも歓迎するという募集も少なからず見られます。それだけ薬剤師を欲しているドラッグストアは多いです。

薬剤師がドラッグストアに転職する際には、OTC販売か調剤業務なのかを確認することです。求人情報を見ると、両方の案件が出ています。調剤業務はドラッグストアの店内に、調剤ブースを併設しています。その中に入って、調剤薬局と同じように調剤業務を担当します。処方箋を受け取って、その内容を確認し調剤していきます。その間に患者は店内で日用品などのほかの買い物ができます。OTC販売の場合、いわゆるドラッグストアの店員としての業務を主に担当します。お客さんの中には「これこれこういう症状で悩んでいるのですが、どのお薬がいいですか?」と聞かれることがあります。症状を聞き、最もマッチすると思われる薬を紹介するのが、OTC業務です。

調剤業務の場合、調剤薬局と基本的な仕事内容は一緒です。すなわち調剤・服薬指導・薬歴管理などです。ただしドラッグストアの方針によって異なります。調剤専業というところもある一方で、先ほど紹介したOTC業務なども手の空いているときに行う店舗もみられます。OTC医薬品の相談は医薬品には限りません。ドラッグストアにはサプリや健康食品もいろいろと販売されています。こちらに関する相談を受ける場合もありますので、店内で取り扱っている商品の知識は身に着けておいたほうがいいでしょう。加えて店舗の業務を担当するお店もみられます。店内の清掃や陳列棚にある品物がなくなった時に倉庫から品出しを行う、レジ打ちを担当することもあります。

このようにドラッグストアによって、同じ薬剤師でも担当する業務の範囲が異なります。40代になると若いころのような体力もなくなって、何から何までやるのは厳しくなるでしょう。ですから仕事内容を事前に確認して、体力的に持つかどうかを吟味する必要があります。また40代になって、家庭などとの両立もしていかないといけないという人も多いでしょう。その場合パートタイマーの募集もドラッグストアでは多く募集されているので、無理のないシフトで仕事を続ける選択肢もあります。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.