激務でない40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の転職TOP >> 条件別の40代薬剤師求人 >> 激務でない40代薬剤師向け求人

激務でない40代薬剤師向け求人

薬剤師の中には「今の職場が激務で体がついていかないから」という理由の方も多いでしょう。特に40代に差し掛かってくると、若いころのように無理がきかなくなってくるはずです。もし今のペースで仕事をするのが厳しいようであれば、転職も検討してみるといいでしょう。実は薬剤師の求人の中には、激務ではない、無理なく働けるような職場もあります。

薬剤師の仕事の中でもメインとなるのは調剤業務です。その中でネックになるのが「疑義照会」です。薬剤師の仕事は医師が作成した処方箋を基にして調剤します。しかし場合によっては医者の出した処方箋の内容に疑問が生じることもあり得ます。この時医者に問い合わせをして、この処方箋に問題がないか確認をします。これを疑義照会というのですが、医者の対応がピンキリです。中には疑義照会を受け付けない・真剣に対応しないという大人げないドクターも結構いるみたいです。まともに対応してもらえないとそれだけ疑義照会にも手間取ってしまい、労働時間もそれだけ長くなってしまいます。

薬剤師の中には調剤薬局で勤務している人も多いでしょう。調剤薬局の場合、激務になるところもあれば、それほどでもないところもあります。激務になりがちなのは、門前薬局のようなところです。特に総合病院・大学病院のような大規模の医療機関の場合、患者の数も多くなります。おのずと持ち込まれる処方箋の量も多くなり、激務になりがちです。しかし門前薬局ではない、近くにクリニックが一つあるだけのような職場であれば、1日にそれほど大量の処方箋が持ち込まれることもないでしょう。

門前薬局でも、診療科目の少ないところであれば、激務にはなりにくいです。眼科なら眼科、整形外科なら整形外科に特化している医療機関なら取り扱う医薬品の数も少ないです。調剤業務もスムーズに行え、薬剤師にかかる負担も軽減できるでしょう。また薬剤師の在籍数も確認することです。在籍している薬剤師が多ければ多いほど、仕事も分業でき、一人の薬剤師にかかる負担も軽減できるからです。

ドラッグストアで薬剤師を募集していることもあります。ドラッグストアの場合、激務になりがちなので注意が必要です。調剤業務のほかにも、ドラッグストアに訪れたお客さんへの対応も求められることが多いからです。業務範囲が広範にわたっていると負担も大きくなります。薬剤師はどこまで仕事を担当するのか、求人情報の内容や面接の際にしっかり確認しておいたほうがいいです。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.