残業が少ない40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の転職TOP >> 条件別の40代薬剤師求人 >> 残業が少ない40代薬剤師向け求人

残業が少ない40代薬剤師向け求人

薬剤師の方で40代に差し掛かってくると、体の衰えを感じることもあるでしょう。若いころのように無理もきかなくなりつつあるはずです。そのような状況の中で、残業があると体力的にきつく感じるかもしれません。薬剤師の職場を見てみると、残業のあることは決して珍しいことではないです。調剤薬局・ドラッグストア・病院のいずれかに就職している薬剤師がほとんどでしょう。大体月13時間くらいが平均といわれています。全業種の平均を見ると、月28.6時間で薬剤師の残業はほかと比較すると少なめといえます。

しかしもし毎日数時間程度の残業が発生しているようであれば、転職を検討したほうがいいかもしれません。ほかの職場を探すと、数日に1度・1回あたり1時間程度のところもあります。これくらいの残業であれば、40代薬剤師でも無理なく仕事を続けられるでしょう。残業の少ない求人を探すのであれば、調剤薬局を中心に求人情報をチェックするといいです。

近所のドラッグストアを見てみればお分かりでしょうが、夜遅くまで営業しているところが多いです。中には24時間営業している店舗も見受けられます。営業時間が長くシフトで働く形になるでしょうから、ほかの人との兼ね合いによって残業は発生しやすいです。また病院薬剤師の場合、当直制を採用しているところもあります。また救急病院であれば、急患が担ぎ込まれると時間外勤務を強いられる可能性も高いです。さらに勉強会やミーティングが入ると残業が発生しやすくなります。

調剤薬局はドラッグストアや病院と比較すると、残業は少なめの傾向があります。しかし調剤薬局の中でもピンキリです。最寄りの病院が総合病院など大規模だと、訪れる患者の数が多くなります。その多くの患者が調剤薬局に処方箋を持ち込みます。すると調剤に手間取ると営業時間を延長して対応せざるを得なくなるかもしれません。クリニックなど小規模な医療機関であれば、それほど患者が集中して訪れることもないので、残業が長くなることも少ないでしょう。

調剤薬局の中には、自宅療養している人に訪問する営業を行っているところもみられます。患者さんの都合もありますので、場合によっては時間外労働の伴う可能性もあります。調剤薬局をメインにして求人探しをすれば残業が少なめになる可能性が高いです。しかし上で紹介したように調剤薬局の環境によって残業の多少も変わってきますから、内容をしっかり吟味して応募先を見つけることです。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.