未経験者歓迎の40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の転職TOP >> 条件別の40代薬剤師求人 >> 未経験者歓迎の40代薬剤師向け求人

未経験者歓迎の40代薬剤師向け求人

40代の薬剤師といっても、いろいろな人がいるはずです。20代から薬剤師の資格を取って長く活躍している人もいるでしょうし、40代になってから薬剤師免許を取得して仕事をしようと思っている人もいるでしょう。また今までドラッグストアでOTC販売の仕事しかしていなくて、調剤の経験が全くない、でも調剤薬局に40代で初めて転職してみたいと思う人もいるはずです。薬剤師の求人を見てみると、未経験者でも歓迎する案件はしばしば出ています。また40代の未経験者でも採用している店舗も少なくないようです。それにはいくつか事情があります。

まず日本全国的に、薬剤師が不足している状況の続いていることが関係しています。薬学部が6年制になって、少し前と比較すると薬剤師の国家試験の難易度が高くなって合格率も低下しています。このような事情で、新卒の薬剤師の供給力がダウンしました。このため薬剤師の人手不足で悩んでいる薬局やドラッグストアが多いです。それで「薬剤師の資格を持っているのであれば、猫の手でも借りたい」と思っているお店は少なくありません。

インターネットには、薬局経営者の話もいろいろと投稿されています。その中には「30代後半から40代の未経験の薬剤師を採用してきたけれども、それほど不便に感じたことはない」という意見が時折みられます。その理由として大きいのは、薬剤師の資格を持っているからです。薬学部で6年間勉強し、国家試験を受けているので必要最小限の薬剤に関する専門知識を持っています。処方箋の読み方や調剤のやり方になれるまでに若干時間は必要ですが、足手まといになることはないようです。経営者の話によると、入局して1か月も経過すれば仕事のコツもつかんで、薬局にとって大きな戦力になるそうです。「薬剤師として仕事をしたいけれども未経験者では採用されないのではないか」と思う人もいるでしょうが、あまり心配する必要はないようです。

ただし「自分は未経験者である」ということを常に心がけて仕事をすべきです。どのような仕事を過去やってきても、薬剤師としては未経験者です。過去のプライドは捨てて、わからないことがあれば周りのスタッフに正直に聞くこと、一度聴いたらメモを付けるなどして忘れないようにすることです。自分が一番の後輩、下っ端である、新卒で入るような気持ちで仕事をしましょう。年下の人に質問するのは勇気がいるかもしれませんが、謙虚に仕事に取り組めば、周りも認めてくれるはずです。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.