高収入の40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の転職TOP >> 条件別の40代薬剤師求人 >> 高収入の40代薬剤師向け求人

高収入の40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の中で転職を検討している人もいるでしょう。その中には現在の収入に不満を感じているからという人も多いはずです。薬剤師で高収入の職場に転職するためには、職場を選ぶことが重要です。高収入の薬剤師の案件が多く出るのは、MRという仕事です。製薬メーカーで募集されることの多い職種で、自社の医薬品に関する情報を医療機関にあげるのが主な仕事です。製薬メーカーの営業の仕事として一般的には認識されています。

MRの仕事は必ずしも薬剤師の資格がないとできないわけではないです。文系の方など薬学とは一切関係ない人でも活躍しています。しかし医薬品の専門知識を持っている証明になる薬剤師免許を持っていると、それは有力な武器になります。MRで営業成績をあげれば、高収入を得られます。大手製薬メーカーに就職して実績をあげれば、年収1000万円以上を稼いでいる人もいるほどです。課長など管理職に就いた場合、年収1500万円近い収入を得ている人もいます。ただし営業成績によって年収はダイレクトに反映される能力主義的なところがあります。このような厳しい環境の中で結果を出していきたいと思っているのであれば、MRの仕事を目指すのもいいでしょう。

MRではなく、調剤などのいわゆる薬剤師本来の仕事をしたいと思っていて高収入の求人を見つけることは無理でしょうか?年収1000万円を超える案件はさすがに難しいでしょう。しかし調剤薬局やドラッグストアの募集の中には、年収700万円とか800万円の求人も出ていることは出ています。常に募集が出ているわけではないですが、タイミングが合えばチャンスは十分あります。なぜこのような高収入の求人が出ているのか、それは薬剤師を取り巻く現状が関係しています。

実は現在薬剤師不足が日本全国的に起きています。なぜ薬剤師不足が起きているか、それは薬学部が6年制になって、国家試験の難易度がアップしたからです。2009年ごろまでは75%を超える合格率で年々推移していました。ところが2014年ごろから合格率が60%台前半にまで落ち込んでいます。質の高い薬剤師を供給することが難易度アップの要因なのですが、逆に厳選した結果、薬剤師の数が少なくなってしまいました。しかも40代で経験もそれなりにある薬剤師は即戦力として貴重です。このような背景もあって、多少収入をアップさせても薬剤師を確保したいと考える薬局が増えているわけです。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.