学歴不問の40代薬剤師向け求人

40代薬剤師の転職TOP >> 条件別の40代薬剤師求人 >> 学歴不問の40代薬剤師向け求人

学歴不問の40代薬剤師向け求人

日本の企業が採用する際に、その人の学歴を重視する傾向はいまだ残っているといわれています。薬剤師の場合、学歴は重視されるかどうか、結論から言うとあまり重視されません。実際転職エージェントで情報収集してみると、「学歴不問」と書かれている案件が多いです。特に転職求人を見ると、学歴はほぼ関係ないといっていいでしょう。

新卒の場合、出身大学がどこかを気にする店舗・企業もあるにはあります。同じ薬学部といっても、大学によって難易度がだいぶ変わってくるからです。偏差値で見ると、上は70くらいの名門校もありますが、40を切るような偏差値の大学もあります。偏差値の低い大学の出の場合、いくら薬剤師の免許を持っていても不利になることもあり得ます。ただし新卒の場合、まだ実務経験がないのでその部分は未知数です。ポテンシャルがあるかどうかで採用の可否を決めます。その中で勉強ができるかどうかはチェックポイントの一つになります。

一方転職希望者のような中途採用の場合、即戦力を求めるのが一般的です。つまり学歴ではなく、今までの職歴のほうが重視されます。たとえ学歴があまり芳しくなくても、十分な実務経験を持っていればその部分は評価されます。40代薬剤師の場合、大半の人がそれなりのキャリアを持っているはずです。「転職したいけれどもあまりいい学校を出ていないから…」と引け目に感じている人もいるでしょう。しかし十分なキャリアがあれば、あまり気にする必要はないです。

学歴不問と書かれていない案件でも、40代の薬剤師を募集している求人であれば、学歴よりも職歴のほうを重視されるといっていいでしょう。そこでこのような求人に応募する際には、自分のキャリアを見直してみることが大事です。今までどのような仕事をしてきたか、1日何枚程度の処方箋の処理をしてきたかなどをチェックすることです。また40代の薬剤師の中には、管理薬剤師に認定されている人もいるでしょう。このような薬剤師スタッフのトップに立って指導できる立場にあれば、その能力を評価する企業・店舗も少なくありません。もし管理薬剤師であれば、その部分は余すことなくアピールすべきです。

高齢化社会の進んでいる現在、薬剤師は日本全国で手の足りていない状況が続き、当面このような感じで推移するとみられています。ですから学歴など関係なく、「とりあえず薬剤師の資格・経験があれば採用したい」というところもかなり多いです。学歴であまり引け目を感じる必要はないです。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.