40代薬剤師のスキルアップ

40代薬剤師の転職TOP >> 40代薬剤師の転職の基礎 >> 40代薬剤師のスキルアップ

40代薬剤師のスキルアップ

40代薬剤師の中でスキルアップして、薬剤師としての自分をレベルアップさせたいと思っている人もいるでしょう。40代でスキルアップをしたければ、資格取得を目指すのはお勧めの方法です。資格取得のための勉強をして知識を広めることは、今後幅広い舞台で活躍するためにプラスです。例えば管理薬剤師を目指す40代の方は多いです。管理薬剤師に認定されれば、資格手当がついて収入がアップする可能性があります。また管理薬剤師の資格は転職する際にも高く評価されます。今後より転職活動を有利にするために、管理薬剤師を目指すことはプラスです。

薬剤師の職場の中には、研修を積極的に実施しているところも多いです。このようなところに転職して、空き時間を利用して研修を受講するのもスキルアップにつながるでしょう。これからの時代、在宅医療が主流になってくるといわれています。病院に閉じ込めるのではなく、自分の慣れ親しんだ自宅で残りの時間を過ごすというアプローチです。在宅医療の中で薬剤師の果たす役割も大きいです。薬剤を提供し、体の調子を聞くなどの業務が求められるでしょう。もしかすると自分が担当している患者の容体が急変することもあります。そのようなときでも初期対応できるように、バイタルサインの研修会を実施している薬局もあります。医薬品だけでなく、それにかかわる知識や技術を身に着けることは今後ステップアップするために必要なことです。

また大手の調剤薬局やドラッグストアで勤務しているのなら、本部勤務になるのもスキルアップになります。つまり現場で働くのではなく、統括するところで指示・指導を行うわけです。仕事するポジションが変わることで、これまでとは違ったスキルを手に入れることも可能です。具体的には薬剤師の教育、店舗開発、人事などです。このようなスキルを身に着ければ、経営に関するノウハウもマスターできるはずです。

調剤薬局やドラッグストアの中には、支店長やエリアマネージャーを配置しているケースもあります。このような管理職の仕事につければ、一薬剤師として仕事をしていた時と比較すると給料もアップするはずです。このようなポジションで仕事をすれば、スキルアップ以外にもメリットが期待できます。薬剤師として現場仕事をしていると、肉体労働の側面もあります。医薬品を取りに行く、調剤するなど作業がいろいろとあるからです。しかし本部勤務になれば、基本デスクワークで肉体的な負担も軽減されます。40代になると体も若いころと比較すると衰えてくるでしょうから、本部勤務で肉体的に楽に仕事をすることも検討する価値はあるはずです。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.