40代薬剤師の平均年収

40代薬剤師の転職TOP >> 40代薬剤師の転職の基礎 >> 40代薬剤師の平均年収

40代薬剤師の平均年収

40代薬剤師が転職を考える理由の中に待遇はありませんか?給料が安いので、収入の高いところがあれば応募したいと思っている方もいるでしょう。しかしそもそも薬剤師はどの程度の収入を得ているのか、いまいちピンとこないという方はいませんか?薬剤師の平均年収を見ると、どこで仕事をしているかで若干異なるようです。

薬剤師の中でも多くの人が調剤薬局で仕事をしています。調剤薬局の場合、40代薬剤師の平均年収はおよそ700万円前後といわれています。ただしこの平均年収は管理薬剤師のような役職についていることが前提です。もしいわゆるヒラの薬剤師として仕事をしているのであれば、先ほど紹介した年収よりも100万円程度下がってしまうと思った方がいいです。調剤薬局の中には大手で、複数の店舗を展開しているところもあります。このような大手の調剤薬局でエリアマネージャーのような管理職待遇で仕事をした場合、年収は700〜800万円に達することも考えられます。

薬剤師の中には、ドラッグストアで仕事をしている人も少なからず見られます。調剤薬局を店内に併設しているドラッグストアもあって、ここで勤務する薬剤師を募集する案件も各地でしばしば見られます。ドラッグストアで勤務する場合、40代薬剤師の平均年収は600〜700万円といったところが相場になるでしょう。ドラッグストアの場合も大手で、日本全国にチェーン展開しているところもいくつかあります。このような大手で勤務して、エリアマネージャー待遇になると場合によっては年収800万円に手の届くような案件に出くわす可能性もあります。

40代薬剤師の中には、製薬会社で勤務している人もいます。新薬開発の仕事をしている人もいれば、MRという医薬品情報を提供する営業職のような職種で活躍している人も見られます。給料という面で比較すると、製薬会社の薬剤師の年収は他よりも高いです。年収800万円オーバーというところも決して珍しくありません。しかも大手企業や外資系の製薬メーカーに勤務した場合、年収1000万円を40代で超えるケースもあるほどです。ただし外資系を中心として特にMRの場合、成果主義を全面的に押し出しているところも少なくありません。営業成績が良ければいいのですが、悪いと給料が安い、そして場合によってはリストラの対象にされるシビアな世界でもあります。製薬企業で勤務したことのない人は、給料の良さだけで安易に応募しないことが大事です。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.