四国エリアの40代薬剤師求人

40代薬剤師の転職TOP >> 地域別の40代薬剤師求人 >> 四国エリア

四国エリアの40代薬剤師求人

四国4県のいずれでも薬剤師の募集は活発に出ています。40代薬剤師にもなると、子供がいて家族の生活を担っている方も多いはずです。この場合、年収アップを狙って転職を検討するケースも出てくるでしょう。もし四国いずれの地域でも給料アップするならどこへでも転職したいと思っているのであれば、高知県がおすすめです。都道府県別の薬剤師の平均年収を見ると、全体よりもおよそ20万円高い傾向があるからです。そのほかの3県は平均年収で見ると、全国平均よりも低いです。しかしあくまでも平均が低いだけで、個別に見れば高収入で募集を出している求人ももちろんあります。求人情報をしっかりチェックして、待遇改善が望めそうかどうか確認の上応募しましょう。

40代になると、若いころのように無理がきかなくなっているでしょう。残業が長時間になると疲れが蓄積されて、体に影響の出る可能性も考えられます。体力的に自信がない、あまりハードな職場を避けたいと思っているのであれば、徳島県で求人情報を探すといいでしょう。というのも徳島県はクリニックが数多くあって、一つの調剤薬局の担当する処方箋が分散する傾向があるからです。徳島県の薬局を見てみると、1日に対応する処方箋の枚数が平均40枚に満たないところも決して珍しくありません。無理なく仕事ができるでしょうし、残業少なめの薬局も多いです。

40代薬剤師が転職するにあたって、ワークライフバランスを重視している人もいるはずです。四国の求人を見ると、プライベートな時間をしっかり確保できるようなスケジュールにしている案件も少なくありません。例えば年間休日が120〜125日以上保証されているような募集もしばしば出ています。また40代の女性薬剤師の場合、子育てをしているという人もいるでしょう。まだ子供が小さければ、正社員でも時短勤務できる制度を導入している薬局もみられます。土日休みという案件も時折出ているので、カレンダー通りのスケジュールで仕事ができるかもしれません。

40代薬剤師の中には、さらなるキャリアアップ・スキルアップを希望して転職活動しようと思っている人もいるでしょう。四国の求人を見ると、大手薬局を中心としてスキルアップやキャリアアップのサポートにも積極的な募集も出ています。社内研修や海外研究を行っているところもありますし、外部への研修に参加できるようなバックアップ体制も整っている求人もあります。バリエーションが豊富なので、なぜ転職したいかを具体的に決めたうえで条件に合致する案件を探しましょう。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.