40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド

これから転職をお考えの40代の薬剤師さんへ

キャリアアップや職場環境の改善など、薬剤師にとって40代になってから転職を考えるきっかけは様々ですが、決して遅すぎるということはありません。国家資格である薬剤師免許は生涯有効なものですし、40代以降も転職を受け入れてくれる職場はたくさんあります。

もしまだうまくイメージがつかめないようでしたら、リクナビ薬剤師で専任のキャリアアドバイザーに相談してみるのもおすすめです。ここには薬剤師求人が豊富に紹介されていますし、転職のプロがサポートしてくれるので安心ですよ。

40代薬剤師向けの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートドクターズキャリアというリクルートグループの運営している転職エージェントです。就職・転職業界で国内最大手の一つであるリクルートだけあって、調剤薬局やドラッグストアなど幅広くネットワークを構築しています。特にリクナビ薬剤師の場合、大手の調剤薬局やドラッグストアの求人を多く抱える傾向がみられます。転職が初めての人でも専門で担当スタッフがついてくれるので、40代薬剤師でも安心して転職活動できるはずです。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフは求人数の多さが魅力的です。公開求人数だけでも6万件以上ありますので、どのような要望でもしっかり応えられるでしょう。40代薬剤師の中には自分のキャリアを生かして管理薬剤師や、今までよりも高い収入の約束されているところで仕事をしたいという方もいるはずです。そのような要望にも案件数の多いファルマスタッフであれば、こだわりの案件がきっと見つかるはずです。専任のコンサルタントのサポートが無料で受けられるところも魅力的です。

m3.com Pharmacist 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
m3.com Pharmacistは、数多くの薬剤師が登録していることで知られています。育児との両立、土日休みなどワークライフバランスのいいところなど40代薬剤師になれば、いろいろと働き方に希望が出てくるでしょう。このような要望にできるだけこたえられるように専門のスタッフが動いてくれます。m3.com Pharmacistの場合、年収の高い求人を多く抱えている強みがあります。年収650万円以上の案件も少なくありません。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビはリクルートグループとともに、国内でも屈指の大手の就職・転職サイトです。その中でもマイナビ薬剤師は文字通り、薬剤師の転職に特化したサービスを展開しています。専任のキャリアコンサルタントが40代薬剤師の転職活動をサポートしてくれます。転職先を探すだけでなく、履歴書の書き方のサポートも行っています。それでいて無料ですから、5年連続利用満足度薬剤師転職サイトで1位を記録した実績もあります。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
40代薬剤師の中には、できるだけ体力的な負担をかけないように自宅の近くで仕事をしたいと思っている人もいるでしょう。しかし周辺の薬局やドラッグストアでは求人が出ていないこともあるかもしれません。薬剤師転職ドットコムの場合、このような募集を出していないところに掛け合って、薬剤師の希望の条件で雇用できるかどうか交渉してくれます。このようにほかでは紹介されない職場に転職できるチャンスがあります。

40代薬剤師の転職の難易度は?

ほかの仕事の場合、40代以降になるとなかなか転職先が見つからないといわれます。年齢が上になればなるほど若い人材と比較して厳しくなるからです。しかし薬剤師業界を見てみると、40代でも転職に成功している事例はたくさん見られます。40代前半であれば、短期間で転職を繰り返しているなどの特殊な事情でもない限り、30代以前の方と比較してはっきりと不利ということでもないです。年収アップやキャリアアップを念頭に入れて転職活動する人も少なくありません。

なぜ40代薬剤師でも転職が可能なのか、それは職場の事情によるものです。調剤薬局だけでなく、日本全国にチェーン展開しているドラッグストアでも薬剤師の募集を活発に出しています。職場が多い分、慢性的な人材不足の状況に陥っています。そこで40代のような多少年齢が上の人材でも欲しいと考える調剤薬局やドラッグストアが多いわけです。

40代薬剤師で、ある程度のキャリアを積んでいる人は特に職場では重宝する存在になりえます。薬剤師本来の仕事だけでなく、若手の薬剤師の教育係的な役割が期待できます。また薬局によっては、職場の薬剤師スタッフを束ねられるようなリーダー的な存在として、40代薬剤師を対象にした求人を出すこともあるほどです。管理職的なポジションにキャリアアップしたければ、求人情報をチェックしてみる価値はあります。もし職場のリーダーや若手の指導を行った経験があれば、面接試験の際にその部分をアピールしたほうがいいでしょう。いろいろな経験を持っている人の方が、採用の中で高く評価される傾向があるからです。

薬剤師の資格を取得するにあたって年齢制限は設けられていません。中には今まで別の業界で仕事をしてきたけれども、この度薬剤師の国家資格を取得した40代の方もいるでしょう。このような薬剤師の経験のない40代の方が転職することは可能でしょうか?正直言って先ほど紹介した、実務経験のある40代薬剤師と比較すると転職は難しいです。未経験なら、若い薬剤師をとったほうがいいと考えるからです。しかし調剤薬局やドラッグストアの中には、慢性的に人材不足に悩んでいるところもあります。このようなところなら、40代未経験者でも採用してくれるところもあるかもしれません。

その他には、製薬会社で40代の薬剤師未経験者を採用するところもあります。MRのような病院に自社製品の営業をかける職種があります。もし営業畑を歩いてきたのであれば、その経験が評価されて採用される可能性も期待できます。

40代薬剤師の転職成功のコツは?

40代薬剤師が転職するにあたって成功させるコツは、下準備をしっかり行うことです。具体的にはまずなぜ自分が転職したいのか、その理由を明確にすることです。言い換えると今の職場のどこに不満を持っているのか、ということです。そしてその不満を解消するためには、転職するしか手がないか確認しましょう。また転職しても問題解決できないことはないかも分析することも大事です。

転職した後のキャリアプランを考えておくことも、転職成功するためのコツです。例えばキャリアアップを希望するのであれば、管理職のようなポジションの募集か、幹部候補のような案件を探しましょう。キャリアアップといっても、視野を広げたいと思う薬剤師の方もいるはずです。その場合には、今までとは異なる分野の求人にターゲットを絞って応募先を見つける必要があるでしょう。また待遇改善を希望して転職する場合、条件を確認して応募先を絞り込むことです。待遇といっても給料もあるでしょうし、勤務時間・休日にこだわるという人もいるでしょう。何が希望順位のトップなのかも確認することです。

40代の女性薬剤師で現在独身という人もいるでしょう。しかしもしかすると将来結婚して、子供を産む可能性も十分考えられます。もし女性で長期的に今度就職する職場で仕事したいと思っているのであれば、家事や育児との両立ができるかどうかも重要なポイントになりえます。40代に差し掛かってくると、若いころと比較して体力もどうしても落ちてきます。昔のような無理ができなくなっているでしょうから、無理なく仕事を続けられるように対策を講じているかどうかも確認することです。育休や産休があるかはもちろんのこと、子供が小さなときには時短勤務ができるかどうかもチェックしておきたいところです。

40代薬剤師の場合、それなりのキャリアを積んでいるでしょう。薬剤師の採用試験で、このキャリアを重視しているところは多いです。未経験者であれば20代のような若い人材を採用してもいいはずです。それをあえて40代の薬剤師を求めるのはなぜか、それは即戦力になりうるような経験を積んでいるからです。そこで転職活動をする際には、自分のキャリアをいったん見直すことです。そして面接官が自分に興味を持ってくれそうなものがないか確認しましょう。特に管理職のような経験を持っていると、アピールポイントになりえます。薬局長や管理薬剤師の経験があれば、どのような業務をどのくらいの期間になってきたか、しっかりアピールすることです。


Copyright (C) 2018 40代薬剤師向けの「すべらない」転職ガイド All Rights Reserved.